COZ ロゴ

PARTNERS

  • 井本喜久

    1974 年、広島県竹原市生まれ。世の中のオモシロイを形にする会社・コズ(株)の代表取締役。大学時代、渋谷のイベント会社でアルバイトに明け暮れる。卒業後、そのままその会社に入社。企業プロモーションの企画にのめり込む。26歳で独立。故郷の広島でアパレルショップを開店するも1年半で閉店。その後、広告事業に切り替えるも上向かず、2年で広島を撤退。東京に戻り広告業の下積みからやり直す。2009年、岩井俊二氏らと映画製作をプロデュース。同じ年に日本イベント大賞を受賞。その頃から「広告」という枠を超えて社会への熱いメッセージを強く意識するようになる。現在は「次の世代のPEACEを創る」を自身のテーマに様々な企業のブランドづくりをサポートする傍ら、仲間と一緒に「ポテトとジンジャー」で世界平和を目論むブランド、Brooklyn Ribbon Fries (http://brooklynribbonfries.com) を立ち上げ、駒沢・表参道・原宿でお店を展開中。2016年には「学び」をテーマにした未経験の若者が主役の都市型マルシェ「The CAMPus(http://thecampus.jp)」を新宿駅屋上でスタート。その他、自由大学「お店をはじめるラボ(https://freedom-univ.com/lecture/small_shop.html)」 教授としても活動中。

    In college he spent all of his time working a part time job at an event planning company in Tokyo’s Shibuya. Upon graduation, he continued working at that company. Without any particular goal he entered the world of business advertisement. He worked every day night doing sales promotion for various companies, organizations, and merchandise. Dreaming of freeing himself from the endless nights of manual labor-intensive production work, he quit and started
    his own company at the age of 26. A mere three months after starting his business in Hiroshima, he was left with a large amount of debt). At the age of 30 he came back to Tokyo for a comeback, and started again from the very bottom. At the age of 34 he fulfilled his dream of producing a film. That same year he received an award at an event, things finally started looking up. From there, he began to realize that, “an advertisement is not just a means of selling a product, but is a message from person to person, and that pouring one’s heart into that message is more important.” “Literally connecting companies and customers with passion” as his theme, he currently does branding production support for automakers, beverage makers, communication carriers, department stores, and apparel In 2012, with his experience in branding production work, him and his friend opened the world’s first ever Brooklyn Ribbon Fries, a specialty shop serving spiral-cut fries and handmade
    ginger ale, in Aoyama, Japan.

  • 大橋よし美

    京都精華大学芸術学部を卒業後、広告代理店で営業職勤務。その後デザイナーに転身。エディトリアルを中心とした、グラフィックデザイン制作の経験を積み、Producer/Creative Managerとして、アパレルブランドを中心にブランディングデザインの進行管理、クリエイティブをプロデュース。
    2015年3月より、COZ Inc.に参加。
    ひとつひとつの縁を大切に、人と人、企業と人を繋ぐことで生まれるコミュニケーションを、多くの人に共感してもらえるようなクリエイティブデザイン・プロデュースを行います。

    Upon graduating from the college of art at Kyoto Seika University, she worked for an advertising firm. She then changed jobs to work in design. She began gaining experience in graphic design, and focusing on editorial work. As a producer/ creative manager, she did design progress management and creative production with an emphasis on apparel branding. She has been a member of COZ Inc. since March of 2015. She works in creative design and production, communicating in such a way that most people can relate to. Connecting person to person, and company to person, she treasures each relationship.

  • 土屋紀ミ

    横浜生まれ、横浜育ち。小学時代をタイ・バンコクで過ごし、高校をアメリカ・シカゴで卒業。日本へ帰国後、青山学院大学に入学。物心ついたときから、人より少しだけ食べることが好きかも・・と思いつつ、直感を無視して音楽やダンスに没頭した学生時代。大学在学中「エンターテイナーになる」という漠然とした夢を持ったまま、一年休学しアメリカ・ニューヨークへ。偶然出会った食専門PR会社でインターンシップをする中で、改めて「食」という究極のエンターテイメントの世界に魅了され、食の世界で生きて行くことを決める。その後、オーストラリア・シドニーにて地域情報紙のフードライターとしてインターンシップを経験。「食とその周りに集まる人」を繋いで行くことを一生の仕事にしたい、と思うようになる。帰国後、フライドポテトとジンジャエールの専門店「BROOKLYN RIBBON FRIES(ブルックリンリボンフライ)」にて、プレス兼セールスとしてブランドの立ち上げに携わる。現在は、新宿NEWoMan屋上からスタートした学びがテーマのチャレンジングな都市型マルシェ「The CAMPus」の立ち上げに関わる傍ら、自由大学講義「お店をはじめるラボ」のキュレーターを務める。また気まぐれケータリングユニット「domus kitchen」運営の他、料理教室のオーガナイズや、イベント企画などを展開中。三度の飯より五度の飯が好きなカロリーちゃん。

  • 山川みずき

    明治大学在学中にアルバイト先(Brooklyn Ribbon Fries)で井本と出会う。
    幼い頃、南米に住んでいた時、定期的に届く日本の情報(アニメ・雑誌)に没頭した。その影響で文化系メディアへの関心が高く、大学時代には情報コミュニケーション学部にてメディア社会学を専攻。在学中、情報メディアを通して「つくる」と「つかう」の関係をより豊かにハッピーにしていきたいという思いから、地元商店街活性化のためのフリーペーパー制作を発案。仲間たちと「もとすみマニアックず。」を発行するに至る。その活動が井本の目に留まりコズへの入社が決まる。
    現在は、COZ incで様々なプロジェクトに携わり、コピーライティングやフォトクリエイティブに邁進中。

  • 篠木清高

    幼少の頃から料理の世界に憧れ、高校卒業後、迷いも無く料理の道へ進み「中国料理 東天紅」に入社。
    憧れ続けたプロの料理界に飛び込み、持ち前の体力と精神力で料理人としての腕を磨き続ける。22歳の時、当時、飲食業界に彗星のごとく現れた企業「株式会社 ちゃんと。」へ転職。24歳で「橙家 銀座店(400席の大型店)」の料理長に就任。その後、6店舗を抱えるブランドの総料理長を担当し、更に次々と新規ブランドの立ち上げにも携わる。28歳の時 「CHANTO NEW YORK」 の出店責任者として渡米。NYでも話題の店舗としてセンセーショナルなオープンを果たすも、2年半で挫折とともに閉店。その後、多くの仲間達の支援もあり、ニューヨークで独立。「A&K RESTAURANT CONSULTANTS」を立ち上げ、日本からのチャレンジするレストラン企業や個人の出店サポートを数多く手掛ける。31歳の時、「地球を遊ぶ」をテーマに世界中の至る所に仲間が場所を創るプロジェクト「PLAY EARTH」を率いる高橋歩や奥原悠一と出逢う。彼らの“人生を熱く生きる姿”に共感し、「A&K」を一時休止させてPLAY EARTHに参加。 「PLAY EARTH」がニューヨークに出店させた紹介制レストラン「BOHEMIAN NEW YORK」の代表として手腕をふるい、オープン当初から連日満席になる人気ぶりで、4年目を迎える今も“予約が取れないお店”として成功し続けている。 現在、Kiyoは「PLAY EARTH」をライフワークと定め、“BOHEMIAN”を世界中に創るための様々なプロジェクトを進める傍ら、「A&K」でのコンサルティング活動も徐々に再開。ニューヨークを拠点に、日本から世界を目指す仲間達のサポートを意欲的に展開している。そして2012年、COZ inc. の井本喜久と共に、ネバダ州の砂漠のど真ん中で行なわれる祭典「BURNING MAN」に参加。延べ2800kmに及ぶ旅の中で、BRFプロジェクトを創案。その一ヶ月後には、仲間たちと共に表参道に「BROOKLYN RIBBON FRIES」をオープンさせた。

  • モンゴル

    広島出身。高校時代、サッカー部でありながらも、デザインに興味をいだき、
    とある先輩の助言で上京を決意。 東京でアートスクールを卒業後、広告制作会社に入社するも、
    不眠不休で納得いかない仕事だらけの状態に嫌気が差し半年で退社。
    ゼロの状態からビジュアルを創る仕事を求めて、デザイン会社へ入社。
    映画・ドラマ・アニメ等のエンターテイメント業界を中心にグラフィックデザインを学ぶ。
    その後、グラフィックのみならず、企画や撮影などの仕事を通じてアートディレクターとしての
    キャリアも積んで行き、宣伝広告、CM、WEB、エディトリアル、パッケージ等、ジャンル問わず、
    様々なデザインプロジェクトに携わる。
    東日本大震災の起った2011年に新しい時代へのチャレンジを果たすべく、独立。
    自動車メーカー、通信キャリア、アパレルブランド、飲料メーカーほか、多岐にわたるクライアントと共に、様々なデザインプロジェクトに取り組む。

  • 神谷幸子

    1981年生まれ。愛知県出身。Brooklyn在住。
    2006年NY渡米。
    Parsons The New School for Designインテリアデザイン科を経てNYの設計事務所に勤務。
    NYのレストランやオフィスなど商業施設を中心としたプロジェクトに数多く参加し経験を積んだ後に独立。
    2009年、Monroe Garden Inc.設立。アンティークやビンテージを多用したスタイルを得意とし、Graphic Design、Art Directionなどインテリアだけにとどまらずマルチに活躍している。近年ではSet Design, Prop Stylistとしても精力的に活動している。
    またクリエイターとしての活動と並行して2009年より『Brooklyn Flea』で店舗を構えローカルの人々とのコミュニケーションを大切にしながら作品を発信している。
    『心から楽しむ気持ちは、他人(ヒト)に飛び火する。』を信念に、NY、日本の仲間たちと共に、日々プロジェクトに取り組んでいる。

  • 亀恭子

    約3年間のOL生活を経て2001年から女性ファッション誌『CanCam』からスタイリストとして鮮烈デビュー。ベーシックなスタイルにトレンドを上手に効かせた女性らしいスタイリングが亀流。人気モデル、押切もえや蛯原 友里などのスタイリングも手掛け、モデルからも指名されるなど、彼女のセンスを信頼している著名人も多い。自身も美人スタイリストとして、トークショー、テレビ、広告出演やラジオなど幅広く活躍中。同世代女性の圧倒的支持を集める人気スタイリスト。

  • 仁志しおり

    大阪府  和泉市 出身。 夙川短期大学に在学中、授業での暗室作業が楽しくて写真を撮り始める。
    卒業後ブライダルカメラマンの職に就いたが、自身の創作活動に専念するため退職。その後、2006年にニューヨークへ移住。International Center of Photographyでのインターンの傍ら、フォトスタジオで仕事を始める。並行して、フリーランスでも広告・ファッション・専門誌を中心に仕事の幅を広げていきながら、自身の創作活動にも専念。2009年、ブルックリンで音楽とアートを融合したイベント”Daytime-Shade and Night-Time-Light’’に参加。2010年、グループ展 “show and sell” @destination (New York)にも参加。同じ年にInternational Aperture Awardsにノミネートされ“Bronze”を受賞。2011年には初の個展 “to the Wonderland” @ Supercore (New York)を成功させる。その後、結婚を機に拠点を日本に移す。
    2011年、日本での初個展 “between here and there” @iosseliani (TOKYO)を開催。2112年、個展 “between here and there” @peacenik (NAGOYA)を開催。自身の創作活動でテーマとしているのは‘’Complex‘’ と ‘’NUDE‘’。NUDE=’’自然体’’を表現することと、Complexは隠すよりも見せることで美しさが高まると考える。
    シンプルだけど強くて、気持ちが伝わる写真がすき。 現在は東京とニューヨークを往復しながら活動中。

  • 夢麻呂

    本名、片岡佳樹(かたおか よしき)。1964年岡山県生まれ。学生時代に松竹芸能タレント養成所に通い大学卒業後上京、浅井企画に10年間所属する。バラエティー番組や歌番組の前説を経て、役者としてもドラマや映画に出演する。1990年に「YANKEE STADIUM 20XX」を旗揚げ(~2011)、出演はもとより全作品の脚本・演出を手掛け、都内小中劇場にて年に2~3回公演を行う。
    外部プロデュース公演・若手劇団・高校演劇等でも作品を創り上げ、オリジナル作品は50作以上。
    2012年、新たに娯楽エンターテインメント演劇集団『熱きロマンを胸に、生きる勇気と希望を与えるべく突っ走り続ける奴ら。』(略名:『熱ら。』)を立ち上げる。『第1回公演「スーパーヒーロー」@ザ・ポケット』を成功させ、2013年には『第2回公演「陽気な2人が地球を回す」@RABINEST』を開催し連日超満員となる。自身の劇団以でも数多くのイベントで企画・構成・演出も手掛け、2012年に今を生きる子どもたちに愛と勇気と希望を贈るイベント『松本梨香LIVE「ぼくたちの地球まんまる革命」@青山円形劇場』で、企画・脚本・演出・出演をこなした。その他にも映画、TV、ラジオにも多数出演し、幅広く活動中。